JAひろお ブログ

JAひろおの公式ブログです
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 広尾町農政推進協議会視察研修

10月9日から10日にかけて広尾町農政推進協議会の視察研修が行われ、会員5名が参加しました。
 今回の視察は、家畜の飼養衛生管理を意識的に取り組む農場と、省力化及び環境負荷軽減に取り組む農場の先進事例を学ぶ目的で行われました。

 

1.新ひだか町 (株)渡辺農場(黒毛和種繁殖農家)

 

 予防獣医学に重点を置き、牧場内の家畜衛生に努めている経営で、呼吸器病やサルモネラ症等の疾病を経営開始より経験されたことを教訓として、H16年からHACCP制度に準拠した衛生管理を徹底して行っております。
 特に1日2回の除糞作業や、10日間隔ての床面清掃(乾燥させることを常に意識している)等、きめ細かに管理されております。
 印象的なものとして、獣医や関係業者が管理区域に立ち入る際には、必ず衣服や長靴を牧場専用のものに替えることを義務付けており、作業手袋等もこまめに変えるよう徹底しています。
 また、牛舎内の飼槽通路入り口付近には「土禁」と書かれた文字と白線を引き、飼槽専用の靴を設置することで、汚れた靴の状態で飼槽通路側に糞が持ち込まれないよう工夫されております。
 上記の他にも当農場では飼養衛生管理面の改良を行っておりますが、手間や経費の掛からないものも多数あり、広尾町内においても直ぐに取り入れることが可能なものでありました。

 

2.(株)Kalm角山(酪農専業農家)

 

 角山地区内の酩農家4戸、育成農家1戸から構成されており、H27年8月より稼働しています。
 4ヶ月目からの育成牛は全頭預託しております。
 始めにロボット搾乳牛舎を視察しました。
 ほぼ全頭がロボット搾乳(DeLaval社製8台)で対応しております。
 繁殖管理はミルクサンプルの分析機械(ハードナビゲーター)の導入により、発情や受胎確認をする作業はほぼなくデータ管理で行っております。
 H28年に農場HACCP、H29年にはJGAPの認証を取得しており、日々の飼養管理方法については会社内でマニュアル化されています。
 認証を受けるためには、一定基準以上の飼養管理をマニュアル・文章化できれば比較的簡単に認証することが可能であることがわかりました。
 続いて、バイオガス施設(発電出力150kw/h)を視察しました。
 施設はH27年11月に完成し、現在まで効率的に稼働しており、稼働開始から10年以内には投資した資金の回収が完了できますが、消化液についてはやや過剰生産気味な面があり、散布時期前には貯留槽が満杯近くまでになり、圃場にすべてを還元することが難しいとのことです。
 両牧場では各JA生産組合・部会において研修視察の受入も可能であります。
 興味のある方や視察を検討されている方は営農販売課までご連絡下さい。

| - | trackbacks(0) | 16:02 | category: 行事・イベント |
# 楽しく酪農体験〜in菊池ファーム

 9月11日、広尾小学校3年生の45名が新生農事組合 菊地ファームで酪農体験学習を行いました。
 当日は非常に良い天気の中、3班に分かれてミルカーなどの説明や搾乳体験、子牛への哺乳体験を行い、搾乳体験では乳牛の大きさに驚き怖がる子供や積極的に牛にさわる子供など様々でしたが、搾った牛乳に触れて「あったかい」「飲みたい」などの感想があちこちで聞こえていました。
 子牛への哺乳体験では、可愛い子牛がミルクを飲む姿をみて「かわいい」という声も上がり、今回の体験学習の中で一番楽しかったという生徒もいました。
 用意したコンテナを椅子に見立てた青空酪農教室では、生徒が事前に用意してきた農業に関する質問に代表の菊地亮太さんがわかりやすく答えると、生徒達は熱心にメモをとったりしていました。
 また、菊地ファームで生産された牛乳も出され生徒達が美味しそうに飲み干し、「まるでソフトクリームのよう」とか「すごくあまくて美味しい」「おかわり」などの声があちこちであがり、生徒達にとって有意義で楽しい一日となりました。

| - | trackbacks(0) | 15:59 | category: 行事・イベント |
# おかげさまで10周年

 10月5日〜6日の二日間、広尾給油所のセルフ化10周年を記念して感謝イベントを開催しました。
 日頃の感謝として、ホクレンSSポイントの10倍付与と20リットル以上の給油をされたお客様に、たまご1パック(10個)を進呈し、訪れたお客様から喜ばれました。
 開催期間中はあいにく、台風25号の影響から天候にはあまり恵まれませんでしたが、豊似給油所とあわせて来場車輌は1,066台の実績となりました。
 今後も組合員皆様はもとより、地域の拠点スタンドとしてサービスの向上に向けて努力して参りますので、引き続きご愛顧下さいますようお願い致します。

| - | trackbacks(0) | 15:57 | category: 行事・イベント |
# 収穫市 災害を乗り越えて!

 10月4日、JAひろお収穫市が本年新設されたAコープ店舗駐車場で行われました。
 これまで毎年、広尾市街で開催しておりました「JAひろお感謝祭」も今年で10周年となることから、9月15日(土曜日)の開催に向けて準備を行って参りましたが、9月6日に発生した胆振東部地震により当JAも生乳廃棄という大きな被害を受け、物流等も混乱していたことからやむなく中止とさせていただきましたが、組合員の皆様はもとより地域住民の皆様と一緒に大きな災害を乗り越えていく目的をもって、開催規模は小さくなりましたが、組合員の皆様の協力を頂きながら、「収穫市」と銘打って地元農畜産物を中心に販売致しました。
 当日は、販売開始前から大勢のお客様が列を作り、新鮮な農畜産物を手にとり品定めするなど会場は大いに賑わっていました。
 大きな災害のあとではありましたが、地域の皆様への感謝の気持ちとこれからの活力を促せたイベントとなりました。

| - | trackbacks(0) | 15:54 | category: 行事・イベント |
# 農協法公布記念日にあたっての組合員・役職員へのメッセージ

 このたびの災害により被害を受けられた皆様ならびにそのご家族の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
 一日も早い復旧・復興へ向けて、JAグループ北海道は組織を挙げて全力で支援に取り組んでまいります。
 さて、昭和22年11月19日に農業協同組合法(農協法)が公布され、今年で71年を迎えました。
 戦後の食糧不足の混乱期に、農業者の協同組織の発達を通じ、「農業生産力の増進」と「農業者の経済的社会的地位の向上」を図り、国民経済の発展に寄与することを目的として、農協法が制定され、農協が設立されました。
 農協は「農業者による農業者のための組織」であり、協同組合原則に掲げる「自主・自立」「民主的運営」の基本に立ち、相互扶助の精神のもと、幾多の困難な状況を乗り越え、組合員の皆様の営農と生活の安定並びにより良い地域社会の実現を目指し、総合事業を展開しながら今日に至っております。
 例えば安全・安心な食品の生産と、豊かな生活に役立つ購買品の供給、地域の豊かな暮らしと経済活動のために寄与する金融事業、総合的な暮らしの保障のための共済事業、健康な日常生活を営むための医療・福祉事業のほか、地域社会に貢献するための様々な社会的取組みも行なわれております。
 地震や風水害による大規模災害が発生した際には、各協同組合が物資の支援、ボランティアの派遣、募金活動等を展開することにより、被災地域の復旧・復興支援に大きな役割を果たしております。
 本年9月の災害時にも、組合員・JA・連合会等の間における農業機械・発電機等の融通や、被災地への人的・物的支援、被災地農産物の選果受入など、組織内・外を問わない助け合いの精神による支援活動・行動に対し、敬意とともに、協同組合の力を改めて認識させて頂いたところです。
 このように協同組合は社会と地域の人々の暮らしのために、永年に亘って多くの分野でその役割を発揮してきているのです。
 そのような中、2016年に「協同組合の思想と実践」がユネスコ無形文化遺産に登録され、更に本年4月には、我が国の農協、漁協、生協、労働金庫、森林組合等の協同組合が、協同組合間の連携によって力を結集し、地域課題の解決を目的として日本協同組合連携機構(JCA)が発足したところです。
 また、第29回JA北海道大会では、前回大会で設定した将来ビジョンである「北海道550万人と共に創る『力強い農業』と『豊かな魅力ある農村』の実現」を継承し、「農業所得の増大と、多様な担い手の確保・育成」と「次代につなげる協同組合の価値と実践」に向けて、JAグループが一体となって取組むことと致しました。
 農業協同組合に集う組合員、役職員の皆様は、このように世界的に評価され、社会的意義のある協同組合の仲間であることを誇りとしながら、協同活動の輪(食と農でつながるサポーター550万人づくり)を広めて頂きたいと考えております。
 このことが新自由主義経済への対立軸としての協同組合の存在意義を高め、永年に亘り先人が築き上げた地域農業並びに地域社会の基盤をさらに発展させ、持続可能な農業へと繋がるものと確信しております。
 最後になりますが、JAグループ北海道は、協同組合の理念と精神を事業の拠り所とし、今後とも組合員の皆様が夢と希望を持って営農と生活が続けられる環境を整えること、地域農業とJAの発展に全力でサポートすることをお誓い申し上げ、農協法公布記念日にあたっでのメッセージと致します。

| - | trackbacks(0) | 15:50 | category: お知らせ |
# 普及センター技術情報

「土づくり」のための土壌診断サンプル採取方法と有機物施用の効果

 

 収穫が終わった時期は、土壌診断用の土壌サンプルを採取できる貴重な時期です。
 また、次の作付に向けて、「土づくり」を行う時期でもあります。
 たい肥、緑肥を積極的に施用しましょう。

 

1 土壌診断用サンプル採取の注意点

 

(1)時期

 

 土壌診断を正確に行うため、土壌サンプルの採取は、施肥の影響が最も少ない収穫後のほ場で行います。

 

(2)採取地点・方法

 

 広いほ場の中で少量のサンプルを取る場合、正確な土壌診断が行えないことがあります。
 ほ場の複数地点で土壌サンプルを採取、混合することで、ほ場内の土壌成分のバラツキを平均化できます。
 5地点で土壌を採取(対角線採土法)、混合し、1kg程度のサンプルとします(図1)。

 


 採取する際は、畑地の場合表土2〜3cmを取り除き、その下約10〜30cmの作土深の土壌を採取します。

 

2 有機物の施用効果

 

 たい肥、緑肥がもたらす土壌環境改善の効果は非常に大きいものです。

 

(1)銅、亜鉛、マンガン等の微量要素が供給されます。

(2)腐植が増え、養分保持容量が高まり、養分の流亡を防ぎます。

(3)腐植は土の粒子をまとめる役割があり、団粒を形成します。

            これにより、保水性、透水性、通気性を向上させます。

(4)微生物の活性が高まり、数や種類が増えます。 

            微生物同士が干渉し合い、病原菌は増殖が抑えられます。

 

 緑肥の中には、土壌改良剤として、特異的な効果をもたらすものもあります(表1)。

 

 

3 有機物施用に伴う施肥対応

 

 たい肥による窒素の放出は、微生物の分解によるので肥効は数年に及びます。
 例えば、たい肥の窒素肥効率を20%とした場合、たい肥中の全窒素の20%は、すき込み後1年目で肥効が期待され、残りの80%の窒素分はゆっくりと土壌に放出されるため、2年目以降にも肥効が及びます(表2)。

 

| - | trackbacks(0) | 13:13 | category: 農業 |
# 農作業事故防止に努めましょう!

1.農道等を通行するときの注意点


 ・急がず、あせらずに運転しましょう。
 ・路上では交通規則を守り安全運転に努めましょう。
 ・後方の反射材の泥を取り除き、追突防止に注意しましょう。
 ・見通しの良い交差点ほど、「しっかり止まって、はっきり確認」を行いましょう。
 ・農道など狭い道路は、路肩に注意しましょう。
 ・作業機やトレーラーに人を乗せて運んではいけません。

 

2.農業機械等の操作に関する注意点


 ・農業機械等の点検や整備のときはエンジンを停止した状態で行いましょう。
 ・圃場出入り口の傾斜方向に対して平行に進入しましょう。
 ・異音の発生など機械器具の異常を感じたら、無理に操作せず、安全を確認しましょう。

 

3.農作業中の注意点


 ・作業に適した服装と保護具の着用で安全作業に努めましょう。
 ・一人作業の場合は、メモを残すなど、どこで作業をしているか家族にわかるようにしましょう。
 ・作業を始めるときは、周囲に人がいないことを確認しましょう。
 ・適度な休憩を取り、無理のない作業をしましょう。

 

4.農業用車両に関する注意事項


 ・整備不良がないか点検しましょう。
 ・車検の期間が切れていないか確認しましょう。
 ・自賠責保険や任意保険に加入されているか確認しましょう。

| - | trackbacks(0) | 13:09 | category: 農業 |
# 交通安全大会開催

 8月8日、平成30年度JAひろお交通安全大会が、広尾町農村環境改善センターで開催されました。
 職員の交通安全に対する意識の高揚を目的に毎年この時期に行われており、今年も業務終了後多くの職員が出席しました。
 始めに、出席者全員で今年度の交通安全推進目標を朗唱し、組合長の挨拶の後、職員を代表して生産資材課の保志諒太職員が交通安全宣言を読み上げました。
 引き続き広尾警察署地域・交通課の相馬大了係長による交通安全指導が行われ、昨年から今年にかけての広尾署管内及び北海道内における交通事故の情勢報告や死亡事故を起こさないための注意点などについて説明を受けました。
 当組合では、スピードダウンやデイライトなど安全運転に関する取り組みを実施しておりますが、死亡事故を防止する上で近年重要視されていることはシートベルトの全席着用で、北海道警察では特に力を入れて推進に取り組んでいるそうです。
 また、今年4月に北海道自転車条例が施行され、自転車を利用する場合は、ヘルメットの着用や車体側面への反射器材の装着、自転車損害賠償保険等への加入を勧められました。
 この大会を機に、より一層安全運転に心掛け、「安全な地域」・「安全な職場」の構築に向けて取り組むことを確認しました。
 収穫期を迎え車両の往来が激しくなるものと予測されますので、組合員の皆さんも交通事故防止にご協カ下さいますようお願い致します。

| - | trackbacks(0) | 13:05 | category: 行事・イベント |
# 第34回 国際農機展in帯広開催される

 7月12日〜16日までの5日間、「第34回国際農機展in帯広」が北愛国交流広場において開催されました。
 会場には技術の粋を集めた最新の農業機械2千点以上が展示され農業関係者など約20万1千人の入場者で賑わいました。
 この農業機械展は、ホクレン農業協同組合連合会、(一社)北海道農業機械工業会、十勝農業機械協議会の主催で「ICTとともに更なる未来へ」をテーマに開催され、中国、イタリア、ドイツ、フランスを含めた国内外から過去最多となる134社・団体が出展しました。
 会場には無人トラクターや搾乳ロボット機械、テッターレーキとロールベーラーが合体したドッキングレーキなどの各種酪農関連機器や、情報通信技術(ICT)を取り入れた最新鋭の自立飛行無人機(ドローン)などが展示されており、年々進化を続けるテクノロジーが農業の抱える諸問題を解決し更なる生産性を実現するのもそう遠くはないと感じさせる農機展となりました。

| - | trackbacks(0) | 11:27 | category: 行事・イベント |
# 小麦収穫終わる

 本年の秋まき小麦は、春先こそ天候に恵まれ生育が順調だったものの、6月中旬から7月中旬までの降雨、曇天により生育は遅れ気味に推移し、平年より1日遅い8月3日より収穫が始まりました。
 収穫作業は順調に進み、降雨による1日の休みを除いて、大きな事故やトラブル等も無く、8月6日には延べ3日間の収穫を終える事が出来ました。
 本年の作柄は、開花期以降の天候不順により実が入らず、また、7月下旬から8月上旬までの高温により未熟粒が成熟前に乾燥してしまい細麦も発生していましたが、町内の平均粗原反収は9.4俵とまずまずの結果となりました。

| - | trackbacks(0) | 11:59 | category: 農業 |
Categories
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links