JAひろお ブログ

JAひろおの公式ブログです
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 農作業事故防止に努めましょう! | main |
# 普及センター技術情報

「土づくり」のための土壌診断サンプル採取方法と有機物施用の効果

 

 収穫が終わった時期は、土壌診断用の土壌サンプルを採取できる貴重な時期です。
 また、次の作付に向けて、「土づくり」を行う時期でもあります。
 たい肥、緑肥を積極的に施用しましょう。

 

1 土壌診断用サンプル採取の注意点

 

(1)時期

 

 土壌診断を正確に行うため、土壌サンプルの採取は、施肥の影響が最も少ない収穫後のほ場で行います。

 

(2)採取地点・方法

 

 広いほ場の中で少量のサンプルを取る場合、正確な土壌診断が行えないことがあります。
 ほ場の複数地点で土壌サンプルを採取、混合することで、ほ場内の土壌成分のバラツキを平均化できます。
 5地点で土壌を採取(対角線採土法)、混合し、1kg程度のサンプルとします(図1)。

 


 採取する際は、畑地の場合表土2〜3cmを取り除き、その下約10〜30cmの作土深の土壌を採取します。

 

2 有機物の施用効果

 

 たい肥、緑肥がもたらす土壌環境改善の効果は非常に大きいものです。

 

(1)銅、亜鉛、マンガン等の微量要素が供給されます。

(2)腐植が増え、養分保持容量が高まり、養分の流亡を防ぎます。

(3)腐植は土の粒子をまとめる役割があり、団粒を形成します。

            これにより、保水性、透水性、通気性を向上させます。

(4)微生物の活性が高まり、数や種類が増えます。 

            微生物同士が干渉し合い、病原菌は増殖が抑えられます。

 

 緑肥の中には、土壌改良剤として、特異的な効果をもたらすものもあります(表1)。

 

 

3 有機物施用に伴う施肥対応

 

 たい肥による窒素の放出は、微生物の分解によるので肥効は数年に及びます。
 例えば、たい肥の窒素肥効率を20%とした場合、たい肥中の全窒素の20%は、すき込み後1年目で肥効が期待され、残りの80%の窒素分はゆっくりと土壌に放出されるため、2年目以降にも肥効が及びます(表2)。

 

| - | trackbacks(0) | 13:13 | category: 農業 |
# スポンサーサイト
| - | - | 13:13 | category: - |
この記事のトラックバックURL
http://ja-hiroo.jugem.jp/trackback/877
トラックバック