JAひろお ブログ

JAひろおの公式ブログです
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 普及センター技術情報 | main | 第70回 通常総会開催 >>
# 普及センター技術情報

牧草地の植生を保つために

 

経年草地の維持管理

 

〜牧草の種類に合わせて施肥〜

 チモシー主体草地では、1番草収量が多いので施肥量は春が多く、1番刈り取り後はその半分を施すのが一般的です。
 オーチャート主体草地では、刈遅れると嗜好性が低下します。
 3回刈ることを前提に、5月末に1番草を刈って、40〜45日ごとに利用していきます。
 施肥量は3回均等に施します

 

〜マメ科牧草は窒素を供給〜

 マメ科牧草は根粒菌によってイネ科牧草が吸収できる無機態窒素を供給します。
 アカクローバーは、は種2〜3年の収量性、シロクローバーは地際部を広く覆い雑草の侵入を防ぐと共に収量向上に貢献します。
 マメ科率が15〜20%の混播草地では、年間2〜4kg/10aの無機態窒素を供給します。
 マメ科牧草の維持のためには石灰質資材を投入することも重要です。
 施用時期は秋が最も良いですが、春でも可能です。
 春の場合は早春追肥の後、一雨後または2週間後に行います。
 施用量は土壌診断に基づいて行います。(表1)

 

 

〜早春の施肥管理〜

 早春の施肥管理は萌芽時期の施肥が最も収量が多くなります。
 施肥が遅れれば遅れるほど、収量が減少する傾向が見られます。(図1)

 

 

 平年の萌芽期は4月20日です。
 雪解け後、トラクターが草地に入れるようになれば、速やかに肥料散布ができるように準備しましょう。

 

〜ふん尿の有効施用〜

(1)基本にマメ科の割合別による施肥標準を参考にします。(表2)

 


(2)草地に施用したふん尿量を把握します。
(3)表3より草地に還元した肥料成分量を計算します。

 

 

(4)施肥標準から(3)を引いたものが化学肥料による年間施肥量です。
(5)(4)の施肥量は年間施用量なので、チモシー主体草地ではその2/3を春に施用します。

| - | trackbacks(0) | 17:42 | category: 農業 |
# スポンサーサイト
| - | - | 17:42 | category: - |
この記事のトラックバックURL
http://ja-hiroo.jugem.jp/trackback/834
トラックバック