JAひろお ブログ

JAひろおの公式ブログです
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 普及センター技術情報 | main | 2017北海道ホルスタインナショナルショウ 佐藤孝一牧場、(株)エスティリアデイリーサービス ジュニアチャンピオン獲得 >>
# 普及センター技術情報

乾乳牛の管理を再度確認してみませんか。

 

 

 牧草・飼料用とうもろこし等の収穫作業が一段落ついたこの時期に、あらためて乾乳管理の見直し確認をしましょう。
 搾乳牛にとって乾乳期とは、次乳期の始まりを意味します。
 母体では多くの生理的変化が起こる時期です。
 乾乳期の飼養環境を改善することが、周産期病の予防につながります。

 

乾乳牛の特徴・生理的変化

 

 乾乳牛とは、妊娠末期の搾乳牛です。
 胎児により「腹が大きく・体が重くなり・消化管が常に圧迫されている」状態にあります。
 そのため、生理的にも採食量が低下しやすくなります。
 そこで、乾乳期の栄養要求量に対して、採食量不足を防ぐ管理部重要になります。

 

充分な、飼養スペース

 

 乾乳牛に望ましい環境は、充分な「1頭あたりスペース」を確保する事です。
 飼養密度の高い環境は、群内で序列が低い牛(弱い牛)が、飼槽・水槽から追い立てられ、採食量・飲水量が低下、横臥時間の制約による、子宮への血流量低下から胎児に対する栄養供給量低下等、多くの悪影響があります。

 

(1)乾乳牛に必要なスペースは、
 面積:1頭あたり12平方メートル以上
 飼槽幅:1頭あたり1m
 搾乳牛と比較して、2倍程度の面積になります。
(つなぎ牛舎の場合は、2頭分の牛床を1頭で利用するなどの工夫が必要です)

 

クッション性に富む牛床

 

 正常な分娩を促すために、寝起きのしやすい・歩きやすい状態に保ちましょう。
 牛は、逆子・難産を防ぐために、寝返りや、歩き回る等の行動をします。

 

(2)寝起きが容易な環境を整備する。
 体が重く、座りたい。横臥要求を満たす、座り心地の良さを提供する。

 

(3)充分な敷料を投入し、クッション性が高く、乾燥した牛床を保つ。

 

群移動のタイミング

 

 群移動の方法については、群内の序列闘争が1頭に集中しないよう注意が必要です。
 なお、序列闘争の期間は10日程度を要すると言われています。
 さらに、牛は社会的動物(群れをなす)なので、独房等で隔離されることもストレスになります。

 

(4)1頭づつの群移動を避け、複数頭づつ移動させる。

 

(5)分娩10日の移動を避ける。

 

(6)各群で10日以上の滞在期間を設ける(無理な場合、群移動しない)

 

(7)1頭だけに隔離しない
 (分娩房が独房の場合は、分娩当日に移動する)

 

 これらの項目を、一つでも多く乾乳管理に取り入れて、周産期病を防ぎましょう。

| - | trackbacks(0) | 15:04 | category: 農業 |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:04 | category: - |
この記事のトラックバックURL
http://ja-hiroo.jugem.jp/trackback/776
トラックバック