JAひろお ブログ

JAひろおの公式ブログです
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『サンタまるしぇ』今年も好調なスタート | main | 農作業事故防止に努めましよう! >>
# 十勝酪農フォーラム2017

 3月23日、ホテル日航ノースランド帯広で十勝酪農フォーラム2017が管内の酪農家や関係機関の担当者が参加して開催されました。
 今回のテーマは「十勝の酪農を支える女性の力」です。
 はじめに話題提供として(株)石井獣医サポートサービスの石井代表が講師を務め、「牛のための分娩・育成・繁殖管理」について説明されました。
 分娩時の状況が仔牛に与える影響は多大で、難産で生まれた仔牛は発病率・死亡率が高いことが明らかになっております。
 また、その後の繁殖に影響があることが確認されており、自然及び介助にて分娩した仔牛は妊娠率が高いのに対し、助産や難産で分娩した仔牛は妊娠率が大幅に低下します。
 また、分娩房の条件を整えることにより自然分娩が可能となります。
 求められる条件として、

 

1.広さ(20平方メートル以上で広ければ広いばど良い)

2.床が滑らないこと

3.四方が壁ではない構造

4.衛生的(清潔)である

5.単独になれること

 

が挙げられ、寝起きしやすい分娩房では、軽い胎児失位は寝起きの際に自然に解消されますが、反対に分娩房の条件が整わない場合(狭い、過密である、寝起きしづらい等)は分娩事故が起こってしまいます。

 分娩房の環境が乳量や分娩間隔、空胎日数に影響を及ぼすことも明らかです。
 続いて講師の石井氏が座長となり、管内3名の酪農家及び普及センター専門員がパネリストとなり、日頃の飼養管理の概要や哺育・育成センターの取り組み事例などの紹介を兼ねたパネルディスカッションが行われました。

| - | trackbacks(0) | 17:26 | category: 行事・イベント |
# スポンサーサイト
| - | - | 17:26 | category: - |
この記事のトラックバックURL
http://ja-hiroo.jugem.jp/trackback/762
トラックバック