JAひろお ブログ

JAひろおの公式ブログです
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 第50回広尾毛がにまつり開催 | main | 家畜伝染病研修会開催 >>
# 令和元年度第3回 地区別学習会

12月16日、広尾町農村環境改善センターで第3回地区別学習会が開催されました。

今回は、「周産期病について考えようD病と周産期」について、(株)清流酪農サービス代表取締役 梅田佳宏氏より説明され、町内の生産者や実習生が7名参加しました。

以前まで、跛行(足が痛く正常に歩けない状態)は移行期の病気とは位置付けられていませんでしたが、跛行は分娩数ヶ月後に起きることが多いようです。最近の研究によると、移行期の生理的・行動的な変化により分娩後に跛行が起きると考えられており、分娩前に立っている時間が長い牛は跛病になりやすいとのことです。跛病には20種類程度の症状があり、中には伝染するものや乳量の低下を招くものもあることから、日頃から牛の観察をしっかり行い、削蹄や蹄浴の実施等、早めの対策が重要とのことでした。

今回の地区別学習会の資料が農業支援課にありますので、興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

| - | - | 15:21 | category: お知らせ |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:21 | category: - |
Categories
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links