JAひろお ブログ

JAひろおの公式ブログです
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# JAひろお女性部 春期講習会

 4月12日、JAひろお女性部では広尾町農村環境改善センターでとかち収納クラブの整理収納アドバイザーの松井香織さんを講師に招き、「今日からはじめたくなるキッチンのおかたづけ」について講習会を行いました。
 スライドで、ある家庭のキッチンのビフォー・アフターを見せていただきながら、整理・収納・片付けについて、やりがちな失敗談を混ぜながらお話をしてくださいました。
 お客さんが来たらとりあえず隣の部屋へ物を移す等のダメな例を聞くと会場からは、あるあるやそうそうの声や笑いが起きたり、なるほどと思うようなコツを教えていただき、とても勉強になりました。
 講習会を終えてさつそく実践した部員の方もいたようです。
 今後も女性部では皆さんに楽しんでいただけるような講習会等を企画していきますので、たくさんの参加をお願いいたします。

| - | trackbacks(0) | 14:54 | category: 行事・イベント |
# JAひろお女性部すみれ会 健康づくり講座

 3月13日、すみれ会では広尾町農業改善センターで健康づくり講座を行いました。
 広尾町役場の地域包括交援センターより甲斐保健師と沖田保健師を講師に招き血圧のはかり方や毎日の運動の大切さについてお話していただきました。
 血圧の基準は年齢によって違いますが、毎日だいたい決まった時間に同じ条件で測ることや食事の直後は避ける事などの注意点や高血圧によってなりやすい病気などの説明がありました。
 また運動をすることによって何歳になっても運動機能を向上させる事ができるので、毎日からだを動かすことの大切さについても話しがありました。
 講話の後は、eポールを使った運動をゲームを交えながら和やかに楽しい時間を過ごしました。

| - | trackbacks(0) | 16:34 | category: 行事・イベント |
# JAひろお青年部 第40回 定期総会開催される

 2月22日、第40回JAひろお青年部定期総会が広尾町農村環境改善センターで開催されました。
 山川部長の開会挨拶の後、来賓の萬亀山組合長、広尾町役場農林課長 平浩則氏、十勝地区農協青年部協議会副会長理事 吉田明史氏よりご祝辞をいただき、議事に入りました。
 議事では、平成29年度事業報告・収支決算及び平成30年度事業計画・収支予算案について説明があり、事業計画については今後も引き続き除角事業や家畜伝染病等に関する学習会、視察研修を開催し、食育活動や農薬空容器回収、各種団体との交流や町内行事への参加、十勝地区農協青年部協議会の行事参加による各地区のJA青年部との意見交換を行うなど、部の活性化に伴う議案が提出され、すべて承認されました。
 また、任期満了に伴い役員改選が行われ、全員一致で新役員を選出し、最後に山川部長の閉会挨拶があり総会は終了しました。

| - | trackbacks(0) | 14:52 | category: 行事・イベント |
# 酪友会女性研修会開催

 3月8日、広尾町酪友会女性研修会が広尾町農村環境改善センターで開催され、村瀬町長、萬亀山組合長の来賓挨拶後に講演が行われました。
 演題は「酪農生活を楽しもう!仲間がいれば何でも楽しい!酪農女子Becotto」と題して、阿寒・釧路地区で酪農に従事する女性5人グループ「Becotto(べこっと)」代表の藪内直美さん、金子睦さん、松下恵さんが講師を務めました。
 グループ発足のきっかけは、JA阿寒青年部の活動等でメンバー同士が出会い、女子会を行うようになり平成28年3月にBecottoが結成されました。
 主な活動内容は勉強会や写真展を行い、酪農生活を元気に楽しむことを目標に行っています。
 また、料理やオリジナルグッズの製作・販売等も行い、酪農の魅力をSNSにて情報発信していることも紹介されました。
 講演後には昼食を兼ねた懇親会が行われ、ミルキーズから提供されたチーズやお菓子、ケーキ等をいただきながら親睦を深めました。
 なお、29年度の乳質改善共励会の褒賞授与式が行われ、主な受賞者は次の通りです。

 

○最優秀賞

 山本 恵子
 広瀬 美佳
 沖野 富美子
 原 須美恵

 

○優秀賞

 山川 友子
 田中 真由子
 山本 和美
 藤井 富美
 小田 美代子
 菊地 亜希

| - | trackbacks(0) | 14:48 | category: 行事・イベント |
# 広尾町てん菜栽培 講習会開催

 2月8日、広尾町農村環境改善センターで、てん菜栽培講習会が開催されました。
 この講習会は(有)南十勝興農とJAひろおの共催で例年開催されており、町内のてん菜耕作者及び管理者が参加しました。
 講師に(有)南十勝興農の関副主任を招き、昨年の生産実績と収入試算、気象・生育経過、養分の欠乏症状や除草対策などについて講演され、今後のてん菜生産に有益な講習となりました。
 昨年は過去2番目の豊作となり、本年も昨年同様、豊穣の秋となるよう期待しています。

| - | trackbacks(0) | 14:46 | category: 行事・イベント |
# てん菜のペーパーポット作り行われる

 3月6日から中野塚てん菜育苗センターの操業が開始されました。
 流れ作業により次々と土や種を入れたペーパーポットがてん菜耕作者のもとへと運ばれ、ビニールハウスに納められました。
 機械のトラブル等にも見舞われましたが無事作業は終了し、出来上がったペーパーポット数は5,000冊を超えました。
 本年の町内のてん桀作付面積は211haと昨年より2割ほど増反となっており、町内総生産量の増加が期待されます。

| - | trackbacks(0) | 14:44 | category: 行事・イベント |
# 第2回 広尾町和牛改良組合定期総会

 3月27日、広尾町和牛改良組合定期総会が、だいじゅ園で開催されました。
 佐藤哲也組合長の挨拶の後、組合長が議長を務め議事に入り、平成29年度事業報告・収支決算報告の説明があり、平成30年度事業計画及び収支予算案について議案が提出されました。
 今回の事業計画の中で、家畜伝染病が多発していることを受け、衛生対策費より石灰塗布機の購入を行う事が決まりました。
 全ての議案が承認され、組合長の閉会挨拶の後、定期総会を終了しました。

| - | trackbacks(0) | 14:43 | category: 行事・イベント |
# 第43回 広尾町乳牛改良同志会定期総会

 2月15日、広尾町乳牛改良同志会の第43回定期総会が、とり久で開催されました。
 山本勝巳会長の挨拶の後、会長が議長を務め議事に入り、平成29年度事業報告・収支決算報告の説明があり、平成30年度事業計画および収支予算案について議案が提出されました。
 また、家畜伝染病が多発している事により、自防の観点から今年度の広尾町ジュニアホルスタインショウを中止する事になりました。
 全ての議案が承認され、会長の閉会挨拶の後、定期総会を終了しました。

| - | trackbacks(0) | 14:39 | category: 行事・イベント |
# 十勝酪農フォーラム2018

 3月22日、十勝農業共済組合本所で十勝酪農フォーラムが開催され約100名が参加しました。
 「乳牛の病気を予防し、健康な牛づくりを目指す」をテーマに乳検成績で乳量・繁殖成績が良く除籍率が低い農場の事例紹介が行われました。
 町内から東豊似農事組合の鈴木敏文さんが健康な牛群作りについて事例紹介されました。
 飼養頭数については115頭(経産牛61頭)を管理し、特に牛群の健康管理に力を入れてきました。
 取り組んだ内容として乾乳牛の管理の見直しを行い、給水配管や牛床マットなどのカウコンフォートの実践を行いました。
 また、良質粗飼料の生産に取り組んだ結果、乳量の増加や繁殖成績の向上、周産期病による淘汰牛が減り平均産次数が伸びたことにより初妊牛販売での個体販売収入が増え、農業所得及び所得率が向上しました。
 現在取り組んでいる内容として「牛が健康になることで作業者も楽になり、消費者も健康に」と考え、土・草・牛作りを基本とした循環型酪農を取り入れ、チモシーの3番草を活用することで濃厚飼料を削減し、牛群の健康と収益性に取り組んでいます。

| - | trackbacks(0) | 14:35 | category: 行事・イベント |
# 第46回 酪農発表大会

 3月27日、京王プラザホテル札幌で第46回酪農経営発表大会が開催され、当JA組合員の砂子田円佳さんが「意見・体験部門」で発表されました。
 最初に主催者である全国酪農青年女性会議委員長より開会挨拶があり、発表大会が始まりました。
 「酪農経営発表部門」では足寄町の酪農家 佐藤伸哉氏が『足寄型放牧酪農から足寄型実践牧場へのステスフアップ』と題して発表され、「意見・体験発表部門」で砂子田円佳さんが『広尾町にマドリンあり!〜大きな架け橋でありたい〜』と題して(株)マドリンの概要や牧場を立ち上げてからの事、地域との関りや活動内容、今後の目標と夢について発表されました。
 将来の夢として、「『広尾牛乳』を作り子ども達が給食で飲んだり、広尾牛乳を使用した地元のお菓子やオリジナル商品の開発などに取り組んでいけば、酪農家のモチベーションにつながる」と強い意気込みを示していました。
 発表の後は意見交換会が行われ、その後講演会に入りました。
 講演会は帯広畜産大学畜産学部 講師 瀬尾哲也氏が「アニマルウェルフェア(畜産福祉)の動向と認証制度」について講演されました。
 アニマルウェルフェアとは、最終的には肉にされる家畜であるが、産まれてから屠畜されるまでの間、できるだけストレスを抑えた飼育、輸送、屠畜をしようとする考え方であります。
 2020年の東京オリンピックの選手村や会場で使用される畜産物、アニマルウェルフェアのレベルが下がることがメディアでも指摘され、東京オリンピックの課題となっているとの事です。
 講演会の後発表大会の審査講評と表彰式が行われ、お二方とも北海道の代表として7月に広島県で行われる第47回全国酪農青年女性酪農発表大会へ出場されることが決定致しました。

| - | trackbacks(0) | 14:29 | category: 行事・イベント |
Categories
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links