JAひろお ブログ

JAひろおの公式ブログです
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# JAひろお女性部 第67回定期総会

2月6日、JAひろお女性部第67回定期総会が、広尾町農村環境改善センター図書室で行われました。

川崎部長の挨拶の後、来賓の宝泉参事・村瀬町チュ・普及センターの宮部支所長にご臨席頂き祝辞を賜りました。

議長に佐藤雅子さんを選出し、議題に入りました。令和元年度事業報告・収支決算報告があり、規約改正や令和2年度事業計画等の議案が提出され、任意加入になってから初めての総会でしたが部員からも活発な意見も出される中すべて承認されました。

役員の改選では、新部長に紋別地区の岡田千春さんが選任されました。最後に新旧役員の挨拶があり通常総会は終了しました。

| - | - | 15:23 | category: お知らせ |
# JAひろおすみれ会 第39回定期総会行われる

1月27日、すみれ会第39回定期総会が広尾町農村環境改善センターで行われました。

山野会長の挨拶の後、JAひろお女性部川崎部長より祝辞をいただきました。

議題に入り、令和元年度の事業報告・収支決算報告が行われ、令和2年度の事業計画では会員の皆さんの意見を取り入れながら進められすべて承認されました。

総会終了後は新年会が行われ、オードブルを囲みながらビンゴゲームやおしゃべりをして楽しい一日を過ごしました。

| - | - | 15:23 | category: お知らせ |
# JAひろお青年部 視察研修

12月12日〜13日、JAひろお青年部の視察研修が行われ、初日は恵庭市にあるMSK農業機械(株)本社を訪れました。敷地内にある倉庫には、各種作業機と大型トラクターが大半を占めて格納されており、工場内部では輸入されたトラクターが分解され、方向指示器やサイドブレーキなど、日本の道交法に適合するよう改良と整備が行われており、安全性能についても点検を行っているとの事でした。

2日目は、北広島市にあるMPアグロ(株)本社を訪れ、養豚場や養鶏場で行われている衛生管理手法について説明があり、畜産分野において私たちが普段目にしている防疫とは大きく違い、防疫と消毒に対する考え方や取り組みの違いについて学ぶ事ができました。

| - | - | 15:22 | category: お知らせ |
# メンタルヘルス研修会

12月19日、広尾町農村環境改善センターでJA職員を対象にメンタルヘルス研修会が開催されました。

今回は北海道農業団体健康保険組合の松本保健師を招き、「こころの健康と栄養」と題して時間(生活リズム)と健康の相関について研修を行いました。

人間は生体リズムを持っており、体内時計がエネルギー代謝や身体活動をコントロールする司令塔となって24時間周期のリズムを司っています。睡眠時間は7〜8時間とった後、朝陽を浴びたり、朝食をしっかりとることで体内時計がリセットされ、脳内の神経伝達物質が活性化し、平常心を保つ働きがあります。また、腸内環境を整えて善玉菌を増やすことで、ストレス耐性、免疫力の向上、肥満予防など心と健康の維持が図られることについてお話されました。

短時間の研修ではありましたが、皆真剣に聞き入り、心身のケアに対する意識が変わったひとときでした。

| - | - | 15:22 | category: お知らせ |
# 家畜伝染病研修会開催

12月24日、広尾町農村環境改善センターで、ヨーネ病に関する研修会が開催され、組合員。関係機関含め30名程が参加しました。

防疫対策と飼養衛生管理意識の向上を目的として、北海道十勝家畜保健衛生所の予防課課長 梅澤氏を講師に迎え、講演いただきました。本町においては、関係機関のご指導・ご支援を賜りながら発生農場の清浄化に向けて対策を進めておりますが、定期的に感染が確認される要因の解析や、作業動線の重要性、仔牛・育成牛の牛群分離の必要性などの対処方法等について説明があり、出席者から活発な質疑が交わされました。

| - | - | 22:32 | category: お知らせ |
# 令和元年度第3回 地区別学習会

12月16日、広尾町農村環境改善センターで第3回地区別学習会が開催されました。

今回は、「周産期病について考えようD病と周産期」について、(株)清流酪農サービス代表取締役 梅田佳宏氏より説明され、町内の生産者や実習生が7名参加しました。

以前まで、跛行(足が痛く正常に歩けない状態)は移行期の病気とは位置付けられていませんでしたが、跛行は分娩数ヶ月後に起きることが多いようです。最近の研究によると、移行期の生理的・行動的な変化により分娩後に跛行が起きると考えられており、分娩前に立っている時間が長い牛は跛病になりやすいとのことです。跛病には20種類程度の症状があり、中には伝染するものや乳量の低下を招くものもあることから、日頃から牛の観察をしっかり行い、削蹄や蹄浴の実施等、早めの対策が重要とのことでした。

今回の地区別学習会の資料が農業支援課にありますので、興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

| - | - | 15:21 | category: お知らせ |
# 令和元年度第9回 食料・農業・農村政策審議会 畜産部会

12月12日、東京都の三番町共用会議所で、令和元年度第9回食糧・農業・農村政策審議会畜産部会が開催され、昨年7月に部会委員に就任した中野塚農事組合の(株)マドリン 砂子田円佳さんが参加されました。

開催挨拶の後、令和元年度加工原料乳生産者補給金単価等算定概要、肉用子牛の保証基準価格等算定概要、総合的なTPP等関連政策大綱等の各種政策についての関連資料の説明や諮問が行われ、各委員からの質疑応答及び意見徴取が行われました。砂子田さんは、「新規就農については、やる気のある学生の受け皿が不足しているため、対策を考えるとともに、既存の酪農家のモチベーションを上げていくべき」等の生産者目線に立った意見を発言されていました。

砂子田さんには、今後も引き続き生産現場の声を農業政策の場に届けてもらえるよう活躍を期待致します。

| - | - | 15:20 | category: お知らせ |
# JAひろお青年部 除角作業行われる

10月22日〜23日、今年2回目の青年部による除角作業が行われました。

作業依頼のあった現場をまわり、のべ5人で4戸50頭の除角作業を行いました。一頭一頭除角器で除角後、焼きごてで止血する作業を行い、手慣れた様子で牛を捕畜しながら、作業は無事に終了しました。

| - | - | 15:19 | category: お知らせ |
# JAひろお青年部 農薬空陽気回収行われる

11月25日、JAひろお青年部による農薬空容器回収が行われました。

町内14戸の組合員宅を巡回し、事前に組合員各戸の協力により分別された農薬空容器をトラックに手際よく積み込み、約450kgを回収しました。

青年部では、農薬空容器など廃プラスチック類の適正処理を行う環境に優しい農業を推進しており、毎年この時期に回収と啓蒙を合わせた活動を実施しております。

| - | - | 15:18 | category: お知らせ |
# 防火訓練

11月11日、JAひろお本所事務所で防火訓練が行われ、火災発生を消防署に通報する訓練と、消化器により初期消火訓練を行いました。まず、実際の火災を想定し、施設内に設置されている火災報知器が作動し、火災発生場所を特定した後、初期消火と消防署へ火災の通報、建物内にいる人たちに火事を知らせて避難誘導を行うまでの一連の動作を確認しました。

 

次に火事の発生を消防署に通報する訓練を行い、住所、建物の名前、自身の氏名、連絡先の電話番号を伝え、初期消火活動の状況や、建物内の人の残存状況などについて正確に伝える事を体験し、緊張しながらも丁寧に説明していました。

また、消化器の取り扱いの説明を受け、それぞれ火災の的をめがけて放水訓練を行いました。

火災が大きい場合は迷わず非難して自らの安全を確保すること、人名を第一に避難誘導を行うことなど初動動作を確認し訓練を終了しました。

| - | - | 15:17 | category: お知らせ |
Categories
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links