JAひろお ブログ

JAひろおの公式ブログです
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 心温まるお見舞いに感謝!! きくちのまんま茶

 今回、役員視察研修の視察先として依頼をしていた菊池地域農業協同組合(JAきくち−代表理事組合長 三角 修氏 熊本県)より、9月6日に発生した胆振東部地震で当JAも生乳廃棄など大きな被害を受けた事に対して、お見舞いとして「きくちのまんま茶500mlペットボトル24本入り」20箱が届けられました。
 熊本地震の際に道内のJAから多くの義援金を頂いたお礼とのことであり、萬亀山組合長から三角組合長に心から感謝の意を伝え、今後、各種会議等で利用させていただくことと致しましたのでお知らせ致します。

| - | trackbacks(0) | 17:37 | category: お知らせ |
# 農協法公布記念日にあたっての組合員・役職員へのメッセージ

 このたびの災害により被害を受けられた皆様ならびにそのご家族の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
 一日も早い復旧・復興へ向けて、JAグループ北海道は組織を挙げて全力で支援に取り組んでまいります。
 さて、昭和22年11月19日に農業協同組合法(農協法)が公布され、今年で71年を迎えました。
 戦後の食糧不足の混乱期に、農業者の協同組織の発達を通じ、「農業生産力の増進」と「農業者の経済的社会的地位の向上」を図り、国民経済の発展に寄与することを目的として、農協法が制定され、農協が設立されました。
 農協は「農業者による農業者のための組織」であり、協同組合原則に掲げる「自主・自立」「民主的運営」の基本に立ち、相互扶助の精神のもと、幾多の困難な状況を乗り越え、組合員の皆様の営農と生活の安定並びにより良い地域社会の実現を目指し、総合事業を展開しながら今日に至っております。
 例えば安全・安心な食品の生産と、豊かな生活に役立つ購買品の供給、地域の豊かな暮らしと経済活動のために寄与する金融事業、総合的な暮らしの保障のための共済事業、健康な日常生活を営むための医療・福祉事業のほか、地域社会に貢献するための様々な社会的取組みも行なわれております。
 地震や風水害による大規模災害が発生した際には、各協同組合が物資の支援、ボランティアの派遣、募金活動等を展開することにより、被災地域の復旧・復興支援に大きな役割を果たしております。
 本年9月の災害時にも、組合員・JA・連合会等の間における農業機械・発電機等の融通や、被災地への人的・物的支援、被災地農産物の選果受入など、組織内・外を問わない助け合いの精神による支援活動・行動に対し、敬意とともに、協同組合の力を改めて認識させて頂いたところです。
 このように協同組合は社会と地域の人々の暮らしのために、永年に亘って多くの分野でその役割を発揮してきているのです。
 そのような中、2016年に「協同組合の思想と実践」がユネスコ無形文化遺産に登録され、更に本年4月には、我が国の農協、漁協、生協、労働金庫、森林組合等の協同組合が、協同組合間の連携によって力を結集し、地域課題の解決を目的として日本協同組合連携機構(JCA)が発足したところです。
 また、第29回JA北海道大会では、前回大会で設定した将来ビジョンである「北海道550万人と共に創る『力強い農業』と『豊かな魅力ある農村』の実現」を継承し、「農業所得の増大と、多様な担い手の確保・育成」と「次代につなげる協同組合の価値と実践」に向けて、JAグループが一体となって取組むことと致しました。
 農業協同組合に集う組合員、役職員の皆様は、このように世界的に評価され、社会的意義のある協同組合の仲間であることを誇りとしながら、協同活動の輪(食と農でつながるサポーター550万人づくり)を広めて頂きたいと考えております。
 このことが新自由主義経済への対立軸としての協同組合の存在意義を高め、永年に亘り先人が築き上げた地域農業並びに地域社会の基盤をさらに発展させ、持続可能な農業へと繋がるものと確信しております。
 最後になりますが、JAグループ北海道は、協同組合の理念と精神を事業の拠り所とし、今後とも組合員の皆様が夢と希望を持って営農と生活が続けられる環境を整えること、地域農業とJAの発展に全力でサポートすることをお誓い申し上げ、農協法公布記念日にあたっでのメッセージと致します。

| - | trackbacks(0) | 15:50 | category: お知らせ |
# 3JA青年部合同スポーツ交流会開催

 6月5日、大樹町B&G海洋センターで広尾、大樹、忠類の3JA青年部より18名が参加し合同スポーツ交流会が開催されました。
 大樹町JA青年部 戸枝部長より開会挨拶の後、各青年部員対抗のビーチバレーボール大会が行われ、4チームによるリーグ戦を行いました。
 例年JA対抗で行っていましたが、部員の交流を深める事を目的として、くじ引きによるチーム編成を行いました。
 優勝チームを除いて3チームが同じ勝敗となるなど、白熱した試合を繰り広げながらも、終始笑いの絶えない楽しい試合運びとなりました。
 試合終了後には、焼き肉だいじゅ苑で懇親会が行われ、食事をしながら今後の活動や取り組みについて情報交換をして親睦を深めました。

| - | trackbacks(0) | 13:49 | category: お知らせ |
# 農業用廃プラスチック類回収作業行われる

 6月4日から5日の2日間、本年1回目の農業用廃プラスチックの回収が、JAひろお馬鈴薯選別工場敷地内で行われ、65戸より約120tの廃プラスチック類が集まりました。
 農業用廃プラスチック類の処理にあたっては、リサイクルによる処理が基本とされており、本町の廃プラスチックもリサイクル処理により、固形燃料や路面材等の再生品に生まれ変わっています。
 廃プラスチック類の適正処理は使用者の義務であり、所有地への埋め立てや野焼き、山林・河川への不法投棄は法律で禁止されています。
 組合員の皆様には、回収作業にご協力頂きありがとうございました。
 今後とも適正処理の徹底について宜しくお願いいたします。

| - | trackbacks(0) | 11:58 | category: お知らせ |
# 融雪時期の家畜ふん尿の処理及び管理について

 家畜排せつ物法の施行により家畜排せつ物の適正管理が義務化され、組合員の皆様におかれましては日頃より家畜ふん尿について適正管理に努められていることと思います。
 春先は雪解け水と一緒に河川や道路側溝などに家畜ふん尿が流出する危険性が高くなります。
 家畜ふん尿の処理及び管理について、今一度、管理状況をご確認の上、引き続き適正管理に努めていただきますようお願い申し上げます。

| - | trackbacks(0) | 17:19 | category: お知らせ |
# 不法投棄パトロール

 11月16日、広尾町内において不法投棄合同パトロールが町内各団体によって行われました。
 このパトロールは、河川や山林道に不法に投棄されたごみの状況調査と回収を目的に毎年2回行われます。
 毎年のパトロールによって不法投棄については年々減少傾向にありますが、未だに一部の地域では家庭ごみが見つかり、検挙に至るケースもあります。
 不法投棄根絶のためにも、ご家庭で不要となった家庭ごみや、電化製品については適正に処理をお願い致します。

| - | trackbacks(0) | 11:30 | category: お知らせ |
# 不要農機具・車輌等回収処理事業

 11月13日〜15日、中山間地域等直接支払交付金事業の集団取組み活動の一環として不要農機具・車輌等回収処理事業が行われました。
 本年度の事業実施戸数は34戸で、車輌6台、農機具7台、その他雑品等を回収しました。
 不要農機具や車輌などの適正処理は使用者の義務ですので、適正処理を行う上でも回収処理の際にお申し込み下さいますよう宜しくお願い致します。

| - | trackbacks(0) | 11:29 | category: お知らせ |
# 農業用廃プラスチック類の回収作業

 11月6日〜7日、中山間地域等直接支払交付金事業の集団取組活動の一環として、本年度2回目の農業用廃プラスチック類の回収が行われ、集積場に58戸より約92tが搬入されました。
 農業用廃プラステック類の処理にあたっては、リサイクルによる処理が基本であり、回収された廃プラステック類もリサイクル処理により、固形燃料等の再生品に生まれ替わっています。
 廃プラステック類の適正処理は使用者の義務であり、所有地への埋め立てや野焼き、山林・河川への不法投棄は法律で禁止されていますので、適正処理を行う上でも年2回の回収時にお持ち下さいますよう宜しくお願い致します。

| - | trackbacks(0) | 11:28 | category: お知らせ |
# JAひろお青年部 農薬空容器回収行われる

 11月6日、JAひろお青年部による農薬空容器回収が行われました。
 町内22戸の組合員宅を巡回し、事前に組合員各戸の協力により分別された農薬空容器をトラックに手際よく積み込み、約440kgを回収しました。
 青年部では、農薬空容器など廃プラスチック類の適正処理を行う環境に優しい農業を推進しており、毎年この時期に回収と啓蒙を合わせた活動を実施しております。

| - | trackbacks(0) | 11:44 | category: お知らせ |
# 新年あけましておめでとうございます

JAひろお青年部部長
山川 高史

 

 青年部員並びに組合員、ご家族、関係機関の皆様、新年あけましておめでとうご言います。
 旧年中は、青年部活動に対しまして特段のご支援、ご指導を賜り厚くお礼申し上げます。
 私は、昨年2月に開催された当青年部の定期総会の役員改選で部長に就任し、早くも1年が経とうとしています。
 はじめはとまどいや不安でいっぱいでしたが、部員の協力、支えがあり今日まで部長を務めることが出来ました。
 昨年は、除角作業に始まり、3町合同スポーツ交流会、食育活動、十勝大会での活動実績発表等、内容の濃い1年となりました。
 特に活動実績発表においては、これまでのJAひろお青年部の取り組みを役員が中心となり発表資料を作成しました。
 一つの目標に向かって、時には対立しながら進んでいくことで、より一層絆を深めることができ、また、同世代が集まる青年部だからこそできる情報発信や活動があると思います。
 今年も除角作業などの営農サポートや食の大切さ、命の大切さを伝える食育活動を通して部員間の連携、地域との交流を精力的に行い、また、新たな取り組みについても部員内で協議し、模索して行きたいと考えています。
 本年も部員一丸となり、本町農業の発展に向けて一層努力して参りたいと考えておりますので、皆様方の更なるご支援、ご指導をお願い申し上げ、新年の挨拶とさせていただきます。

| - | trackbacks(0) | 11:14 | category: お知らせ |
Categories
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links