JAひろお ブログ

JAひろおの公式ブログです
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 普及センター技術情報

「土づくり」のための土壌診断サンプル採取方法と有機物施用の効果

 

 収穫が終わった時期は、土壌診断用の土壌サンプルを採取できる貴重な時期です。
 また、次の作付に向けて、「土づくり」を行う時期でもあります。
 たい肥、緑肥を積極的に施用しましょう。

 

1 土壌診断用サンプル採取の注意点

 

(1)時期

 

 土壌診断を正確に行うため、土壌サンプルの採取は、施肥の影響が最も少ない収穫後のほ場で行います。

 

(2)採取地点・方法

 

 広いほ場の中で少量のサンプルを取る場合、正確な土壌診断が行えないことがあります。
 ほ場の複数地点で土壌サンプルを採取、混合することで、ほ場内の土壌成分のバラツキを平均化できます。
 5地点で土壌を採取(対角線採土法)、混合し、1kg程度のサンプルとします(図1)。

 


 採取する際は、畑地の場合表土2〜3cmを取り除き、その下約10〜30cmの作土深の土壌を採取します。

 

2 有機物の施用効果

 

 たい肥、緑肥がもたらす土壌環境改善の効果は非常に大きいものです。

 

(1)銅、亜鉛、マンガン等の微量要素が供給されます。

(2)腐植が増え、養分保持容量が高まり、養分の流亡を防ぎます。

(3)腐植は土の粒子をまとめる役割があり、団粒を形成します。

            これにより、保水性、透水性、通気性を向上させます。

(4)微生物の活性が高まり、数や種類が増えます。 

            微生物同士が干渉し合い、病原菌は増殖が抑えられます。

 

 緑肥の中には、土壌改良剤として、特異的な効果をもたらすものもあります(表1)。

 

 

3 有機物施用に伴う施肥対応

 

 たい肥による窒素の放出は、微生物の分解によるので肥効は数年に及びます。
 例えば、たい肥の窒素肥効率を20%とした場合、たい肥中の全窒素の20%は、すき込み後1年目で肥効が期待され、残りの80%の窒素分はゆっくりと土壌に放出されるため、2年目以降にも肥効が及びます(表2)。

 

| - | trackbacks(0) | 13:13 | category: 農業 |
# 農作業事故防止に努めましょう!

1.農道等を通行するときの注意点


 ・急がず、あせらずに運転しましょう。
 ・路上では交通規則を守り安全運転に努めましょう。
 ・後方の反射材の泥を取り除き、追突防止に注意しましょう。
 ・見通しの良い交差点ほど、「しっかり止まって、はっきり確認」を行いましょう。
 ・農道など狭い道路は、路肩に注意しましょう。
 ・作業機やトレーラーに人を乗せて運んではいけません。

 

2.農業機械等の操作に関する注意点


 ・農業機械等の点検や整備のときはエンジンを停止した状態で行いましょう。
 ・圃場出入り口の傾斜方向に対して平行に進入しましょう。
 ・異音の発生など機械器具の異常を感じたら、無理に操作せず、安全を確認しましょう。

 

3.農作業中の注意点


 ・作業に適した服装と保護具の着用で安全作業に努めましょう。
 ・一人作業の場合は、メモを残すなど、どこで作業をしているか家族にわかるようにしましょう。
 ・作業を始めるときは、周囲に人がいないことを確認しましょう。
 ・適度な休憩を取り、無理のない作業をしましょう。

 

4.農業用車両に関する注意事項


 ・整備不良がないか点検しましょう。
 ・車検の期間が切れていないか確認しましょう。
 ・自賠責保険や任意保険に加入されているか確認しましょう。

| - | trackbacks(0) | 13:09 | category: 農業 |
# 交通安全大会開催

 8月8日、平成30年度JAひろお交通安全大会が、広尾町農村環境改善センターで開催されました。
 職員の交通安全に対する意識の高揚を目的に毎年この時期に行われており、今年も業務終了後多くの職員が出席しました。
 始めに、出席者全員で今年度の交通安全推進目標を朗唱し、組合長の挨拶の後、職員を代表して生産資材課の保志諒太職員が交通安全宣言を読み上げました。
 引き続き広尾警察署地域・交通課の相馬大了係長による交通安全指導が行われ、昨年から今年にかけての広尾署管内及び北海道内における交通事故の情勢報告や死亡事故を起こさないための注意点などについて説明を受けました。
 当組合では、スピードダウンやデイライトなど安全運転に関する取り組みを実施しておりますが、死亡事故を防止する上で近年重要視されていることはシートベルトの全席着用で、北海道警察では特に力を入れて推進に取り組んでいるそうです。
 また、今年4月に北海道自転車条例が施行され、自転車を利用する場合は、ヘルメットの着用や車体側面への反射器材の装着、自転車損害賠償保険等への加入を勧められました。
 この大会を機に、より一層安全運転に心掛け、「安全な地域」・「安全な職場」の構築に向けて取り組むことを確認しました。
 収穫期を迎え車両の往来が激しくなるものと予測されますので、組合員の皆さんも交通事故防止にご協カ下さいますようお願い致します。

| - | trackbacks(0) | 13:05 | category: 行事・イベント |
# 第34回 国際農機展in帯広開催される

 7月12日〜16日までの5日間、「第34回国際農機展in帯広」が北愛国交流広場において開催されました。
 会場には技術の粋を集めた最新の農業機械2千点以上が展示され農業関係者など約20万1千人の入場者で賑わいました。
 この農業機械展は、ホクレン農業協同組合連合会、(一社)北海道農業機械工業会、十勝農業機械協議会の主催で「ICTとともに更なる未来へ」をテーマに開催され、中国、イタリア、ドイツ、フランスを含めた国内外から過去最多となる134社・団体が出展しました。
 会場には無人トラクターや搾乳ロボット機械、テッターレーキとロールベーラーが合体したドッキングレーキなどの各種酪農関連機器や、情報通信技術(ICT)を取り入れた最新鋭の自立飛行無人機(ドローン)などが展示されており、年々進化を続けるテクノロジーが農業の抱える諸問題を解決し更なる生産性を実現するのもそう遠くはないと感じさせる農機展となりました。

| - | trackbacks(0) | 11:27 | category: 行事・イベント |
# 小麦収穫終わる

 本年の秋まき小麦は、春先こそ天候に恵まれ生育が順調だったものの、6月中旬から7月中旬までの降雨、曇天により生育は遅れ気味に推移し、平年より1日遅い8月3日より収穫が始まりました。
 収穫作業は順調に進み、降雨による1日の休みを除いて、大きな事故やトラブル等も無く、8月6日には延べ3日間の収穫を終える事が出来ました。
 本年の作柄は、開花期以降の天候不順により実が入らず、また、7月下旬から8月上旬までの高温により未熟粒が成熟前に乾燥してしまい細麦も発生していましたが、町内の平均粗原反収は9.4俵とまずまずの結果となりました。

| - | trackbacks(0) | 11:59 | category: 農業 |
# JAひろお年金友の会 親睦旅行

 7月18日〜20日、年金友の会の親睦旅行が網走・知床方面で行われ16名が参加しました。
 バスは足寄町を経由し、温根湯温泉の大江本家で昼食をいただいた後に、北の大地の水族館を訪れ、普段は目にする事が出来ない国内外の珍しい魚等を鑑賞し、果夢林「かむりん」と呼ばれる世界最大級のハト時計搭のからくり人形が動く様子を楽しみました。
 次に網走市のオホーツク流氷館を訪れ、クリオネ等のオホーツク海に生息する珍しい生き物を見学したり、流氷体験テラスではマイナス15℃の室内で本物の流氷に触れて楽しみました。
 一日目の宿泊先は天都の宿網走観光ホテルで、宴会場で料理をいただいた後にカラオケで大いに盛り上がりました。
 二日目は、初めに小清水原生花園を散策した後に、ほがじゃ小清水工場を訪れ、じゃがいもデンプンをベースに作られた「ほがじゃ」が作られている工場の様子を見学したり買い物をしました。
 昼食後は、オシンコシンの滝を見学し、知床へと向かいました。
 知床では、知床観光船オーロラに乗り、知床大自然の景観を間近に感じながら約一時間半程度の乗船を楽しみ、宿泊先の知床第一ホテルではレストラン「マルスコイ」で豪華なバイキング料理を堪能しました。
 三日目は知床横断道路を通って標津へ向かう途中、偶然にも熊に遭遇しました。
 熊は徐行したバスが真横を通過しても逃げる事をせず、会員の皆さんはバスの車窓越しに熊を間近に見る事ができて、この旅行期問中で一番の盛り上がりを見せました。
 その後は、標津サーモン科学館で幻の魚イトウを始めとする様々な鮭を見学しました。
 中標津町での昼食の後、釧路市の和商市場に立ち寄り買い物を楽しみ、三日間は終了しました。
 年金友の会では、来年も親睦旅行を実施する予定ですので、今回残念ながら参加できなかった方も是非参加していただき楽しいひとときを過ごせたらと思います。

| - | trackbacks(0) | 11:44 | category: 行事・イベント |
# ピロロフェス 親子で楽しく酪農体験

 7月22日、ピロロフェス2018が新生地区の菊地ファームで開催されました。
 牧場で行うピロロフェスは、酪農の魅力アピールも目的であるため、牛や酪農関係クイズのスタンプラリーや、菊地さんご夫妻が事前に準備した乾牧草ベンチや白色でラップした牧草ロールヘのお絵書き、希望者には哺乳体験や搾乳体験等のイベントも準備され、小さな子供から大人までが色々と酪農を知る内容も盛り込まれ、多くの来場者で賑わっていました。
 会場内では広尾サンタランド・ジャズスクールや有志による演奏が行われ、牧草地には普段味わうことの出来ない心地良い音楽も流れ、菊地さんの知人や関係者等による出店があり、牛乳の消費拡大のための200個のパック牛乳無料配布も盛況で1時間程度で終了し、サンタまるしぇによる新鮮野菜や総菜の販売も早々に売り切れる商品もあり、会場を盛り上げていました。
 又、就農時より菊地ご夫妻の夢であった牧場レストランもオープンし、新鮮な牛乳を使ったアイスクリームやジェラート販売は天候にも恵まれ大盛況で会場は甘い香りで溢れていました。
 菊地ファームのアイスクリームやサンタまるしぇの野菜・総菜はAコープの直売所でも販売しておりますのでご利用下さい。

| - | trackbacks(0) | 11:34 | category: 行事・イベント |
# 第47回 全国酪農青年女性酪農発表大会 意見・体験発表で砂子田円佳さん最優秀賞受賞

 7月19日〜20日の2日間、広島県のグランドプリンスホテル広島で第47回全国酪農青年女性酪農発表大会が開催され、(株)マドリン 砂子田円佳さんが酪農意見・体験発表の部で最優秀賞を受賞されました。
 砂子田さんは『広尾町にマドリンあり!〜大きな架け橋でありたい〜』と題して、立ち上げた牧場を一人で軌道に乗せるため努力されてきた事や、多忙な中地域の活動にも熱心に参加され、さらには酪農に携わる女性で構成されるSAKURA会や酪農女性サミットの企画運営をされていること、今後の目標と夢について発表されました。
 審査は酪農との関わりや地域・家族とのつながり、活動の継続性や影響力、今後の目標と夢の実現性について評価がされましたが、特にSAKURA会や酪農女性サミットなどの、地域に留まらず全道・全国規模の活動をされている事が高く評価され、みごと最優秀賞を受賞されました。
 砂子田円佳さん、本当におめでとうございます。

| - | trackbacks(0) | 11:23 | category: 行事・イベント |
# 第49回 十勝総合畜産共進会(乳用牛の部)

 8月18日、十勝総合畜産共進会(乳用牛の部)が十勝農協連家畜共進会場で行われました。
 審査員は(一社)家畜改良事業団改良部乳牛調査課長の福屋茂夫氏が担当され、厳正かつ迅速に務められました。
 町内からは佐藤孝一牧場、(株)エスティリアデーリィサービス、(有)ミックランデーリィの3戸から10頭部出品されました。
 審査の結果、佐藤孝一牧場出品の第6部 TMF マツカ ウイル クラレンス ビスタ ET号、第7部 TMF レナーグリン ドアム ウイダ デブラ ET号、第10部(有)ミックランデーリイ出品のミツクラン マツカチエン メルモ ET号が1等1席となり、これらを含む8頭とジャージー種の3頭が、9月22日から23日にかけて開催される第17回北海道総合畜産共進会(乳用牛部門)に出場することになりました。
 なお、出品牛の主な成績については次のとおりです。

 

| - | trackbacks(0) | 11:18 | category: 行事・イベント |
# 第27回 広尾町農村運動会 JA創立70周年を記念して人文字撮影

 7月27日、豊似小学校グラウンドで第27回広尾町農村運動会が開催されました。
 6月の長雨の影響で牧草収穫が大幅に遅れ、運動会の開催も危ぶまれましたが生産者のご努力もあり開催する事ができました。
 当日は、曇り空ではありましたが絶好の運動会日和となりました。
 開会式ではJA青年部長 山川高史さんの開会宣言、紋別チームの成田芳樹さん、千果さんご夫婦の選手宣誓の後、全員でラジオ体操を行い競技に入りました。
 個人戦と団体戦合わせて8種目が行われ、麦稈ロールを転がしながらのリレー「愛しのローラー」、玉入れ「早く・上手に」、縄跳び「チームワークナンバーワン」の団体競技が終了した時点で、上位3チームが15点差の混戦となりました。
 綱引き「協同の力」では、毎年1位の牙城を崩さない紋別チームを倒そうと各チーム奮闘しましたが、わずかに力及ばず紋別チームが勝利し、最後の競技である地区別対抗リレーでは野塚チームが勝利し、総合得点で同得点となった紋別チームと野塚チームが優勝しました。
 3位には東豊似チームが入賞し、団体賞としてスイカとメロンが贈られました。
 競技終了後には、JA創立70周年を迎える記念事業としてフィールド中央に参加者全員で人文字を作り、ドローンによる空撮を行いました。
 撮影した映像は70周年記念誌に掲載する予定で、記憶に残る行事となりました。
 懇親会では毎年怛例の和牛改良組合による牛の丸焼きが参加者に無料配布され、長蛇の列ができました。
 余興では昨年も会場を盛り上げていただいた九州大道芸劇団がバナナのたたき売りと猿回しを披露し、子供達の大きな声援を受け大いに盛り上がりました。
 焼き肉をほおばりながら談笑し、日頃の農作業の疲れを忘れ楽しい一日を過ごしました。

| - | trackbacks(0) | 11:06 | category: 行事・イベント |
Categories
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links