JAひろお ブログ

JAひろおの公式ブログです
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 普及センター技術情報

心土破砕処理で土壌の物理性改善を

 

 収穫作業が終盤をむかえ、来年の作付けに向けて秋の耕起作業を行う時期が近づきました。

 心土破砕処理は耕盤層の破壊により排水性を確保する効果があります。
 また、心土破砕機の種類を使い分けることでより効果的な土壌物理性改善が期待できます。

 

○プラソイラ・サブソイラ・ハーフソイラの比較

 

 

1.プラソイラは破砕範囲が広いため、多少下層土を持ち上げてしまいますが、土層全体が膨軟になります。

 

2.サブソイラは破砕範囲が狭いですが、土層を大きく変えず、排水性を確保することができます。

 

3.ハーフソイラは破砕範囲が広いうえ、下層土が上がらない構造になっているため、土層が大きく変わりません。

 

○心土破砕作業時の留意点

 

1.土壌が湿った条件で施工すると、むしろ土壌物理性を悪化させてしまいます。
 土壌が乾燥していることを確認してから施工しましょう。

 

2.作業深が深すぎるとけん引抵抗が大きくなり、作業機が上下し、土壌の乾きにムラが生じる原因になります。
 作業深を一定に保ちましょう。

 

3.作業速度が速いと施工効果が弱まります。
 時速3〜4kmの低速を保ちましょう。

 

○排水改善による効果

1.根張りが良くなる
 土壌中に空気の層ができることで、根が伸長しやすい環境になり、地上部の生育が良くなります。

 

2.土壌病害が低減される
 多湿を好む病原菌の増殖を抑え、滞水による病原菌・胞子の移動制限の効果があります。

 

3.ほ場に機械が入りやすくなる

 ほ場が乾きやすく、降雨後の機械作業がスムーズに進みます。
 また、ほ場を練り返すリスクも減ります。

 

| - | trackbacks(0) | 17:35 | category: 農業 |
# 普及センター技術情報

 今日から始める農場のチェックリストN0.3

 

土壌感染性病害虫の発生はほ場の土壌および土壌付着物の移動によって拡大します!

 

 近年、十勝管内では「小麦縞萎縮病(写真1)」が広がりつつあります。

 


 また、十勝南部地区では未発生ですが「小麦なまぐさ黒穂病(写真2)」や「ジャガイモシストセンチュウ(写真3、図1)」の発牛地域が徐々に拡大しており、対策が必要です。

 

 


ほ場の土を「持ち出さない」・「持ち込まない」ことが重要です!

 

※□のチェック欄で確認してみましょう。

 

| - | trackbacks(0) | 17:27 | category: 農業 |
# JAひろお年金友の会 親睦旅行

 7月23日〜25日、年金友の会親睦旅行がニセコ・札幌方面で行われ、13名が参加しました。
 バスは天馬街道を経由し、白老牛レストランカウベルで昼食をとりました。
 白老町では雨足が強くその後の観光が心配されましたが、伊達市の三階滝公園を訪れた際には雨も上がり、景色を楽しむことができました。
 次に細川たかしの故郷である真狩町で記念像から流れる歌を聴きながら記念撮影しました。
 1日目の宿泊先は、ニセコ昆布温泉ホテル甘露の森で、温泉やおいしい料理を満喫しました。
 2日目は、湧き水で有名な京極町のふきだし公園を観光した後、倶知安町の歴史や文化に触れることのできる倶知安風土館を見学しました。
 中には旧車のスバル360や、戦時中の着氷実験の際のゼロ戦の一部(主翼)など変わったものや、昔使用されていた馬具、農具、生活用具が展示されており、昔を懐かしみながら見学されていました。
 次にニセコ酒造を訪れ、店主の熱のこもった説明の後、おいしいお酒を品定めしながらたくさんお土産を買われていました。
 倶知安での昼食の後、毛無山展望所を経由し、小樽の田中酒造亀甲蔵で工場見学をした後、宿泊先である札幌ジャスマックプラザホテルに到着しました。
 ホテルでは温泉のほか、宴会場でおいしい料理を堪能しカラオケ大会で大いに盛り上がりました。
 3日目は札幌大倉山展望台にあるオリンピックミュージアムを見学し、北広島市の三井アウトレットパークでの買い物の後、くるるの杜農村レストランでランチビュッフェをいただき、直売所で買い物をして楽しい3日間が終了しました。
 年金友の会では、来年も親睦旅行を実施する予定ですので今回、残念ながら参加できなかった方も是非参加していただき楽しいひとときを過ごせたらと思います。

| - | trackbacks(0) | 17:22 | category: 行事・イベント |
# 詐欺防止封筒で感謝状

 7月5日、特殊詐欺被害防止に貢献したとして広尾警察署より当JA総務課 神代美紀さんに感謝状が贈られました。
 神代さんが制作した「特殊詐欺被害防止封筒」は、土俵の上で右手のひらを前に出したポーズをする広尾警察署豊似駐在所の明泉巡査長の画像を使って、「ちょっと待った!それ詐欺です」と文字が書かれたデザインで神代さんと明泉巡査長が考案したものです。
 同封筒はJA本所、Aコープ本庄水産、フクハラるる店のATMに置かれ、特殊詐欺防止に役立てています。

| - | trackbacks(0) | 17:20 | category: お知らせ |
# 秋まき小麦収穫終わる

 7月29日より秋まき小麦の収穫作業が始まりました。
 本年は春から高温が続き降雨が少なく、成熟期が早まったことで収穫が平年と比べて4日早く始まり、好天に恵まれ作業は順調に進み、8月2日に全ての収穫を終えることが出来ました。
 本年の作柄は、高温小雨が続き細麦が心配されましたが問題なく、適期防除を実施出来たことから赤かび病の発病穂も見られず、倒伏もほぼ無かったため収量は平年値を大きく上回りました。
 9月には、令和2年産に向けて播種作業が始まる予定です

| - | trackbacks(0) | 15:31 | category: 農業 |
# 農作業事故防止に努めましょう!

1.農道等を通行するときの注意点

 

 ・急がず、あせらずに運転しましょう。
 ・路上では交通規則を守り、安全運転に努めましょう。
 ・後方の反射材の泥を取り除き、追突防止に注意しましょう。
 ・見通しの良い交差点ほど、「しっかり止まって、はっきり確認」を行いましょう。
 ・農道など狭い道路は、路肩に注意しましょう。
 ・作業機やトレーラーに人を乗せて運んではいけません。

 

2.農業機械等の操作に関する注意点

 

 ・農業機械等の点検や整備のときはエンジンを停止した状態で行いましょう。
 ・圃場出入り口の傾斜方向に対して平行に進入しましょう。
 ・異音の発生など機械器具の異常を感じたら、無理に操作せず、安全を確認しましょう。

 

3.農作業中の注意点

 

 ・作業に適した服装と保護具の着用で安全作業に努めましょう。

 ・一人作業の場合は、メモを残すなど、どこで作業をしているか家族にわかるようにしましょう。
 ・作業を始めるときは、周囲に人がいないことを確認しましょう。
 ・適度な休憩を取り、無理のない作業をしましょう。

 

4.農業用車両に関する注意事項

 

 ・整備不良がないか点検しましょう。

 ・車検の期間が切れていないか確認しましょう。
 ・自賠責保険や任意保険に加入されているか確認しましょう。

| - | trackbacks(0) | 15:24 | category: 農業 |
# ピロロフェス2019

 7月21日、ピロロフェス2019が新生地区の菊地ファームで開催されました。
 このイベントは「広尾町の一次産業の魅力をたくさんの人に知ってもらう」ことを目的として、本年で7回目の開催となりました。
 9時半から開会式が行われた後、広尾サンタランドジャズスクールによる演奏が行われ、他にも酪農体験イベントの開催や飲食・雑貨販売コーナーでは数多くの出店があり、多くの来場者で賑わいました。
 毎年恒例となった豊栄会による人形劇や酪農かるた、酪農音頭部行われ、会場を盛り上げました。
 JAからは牛乳消費拡大事業として150個の牛乳パックの無料配布を行い、用意した牛乳は2時間程で無くなり、すっかりお馴染みとなったサンタまるしぇによる野菜や総菜の販売、菊地ファームのソフトクリームにも人気が集まり、終始和やかな雰囲気の中でイベントは終了しました。
 今回販売されたサンタまるしぇの野菜・総菜や菊地ファームのアイスクリームはAコープサンタ村店舗内の直売コーナーでも販売しておりますのでご利用下さい。

| - | trackbacks(0) | 15:15 | category: 行事・イベント |
# 家畜防疫対策強化講習会

7月12日、家畜防疫対策強化講習会が農村環境改善センターで開催されました。
 家畜防疫についての講座を開き、防疫に関する強化と飼養衛生管理意識の向上を旨として、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構の川治聡子先生と、当町酩農家の箕田俊也氏を講師に迎え、組合員・関係機関含め50名程の参加がありました。
 はじめに箕田俊也氏より、防疫対策は家畜衛生保健所職員と協議し何が原因かという犯人捜しではなく、どこが悪い・汚いのかを探すようにし、消石灰を給餌用の尺やスコップ等で広範囲に振いりかけた後に上からジョウロで水をまいていく作業を毎日行ったとのことでした。
 また、消石灰の散布を日頃の習慣として現在も継続して取り組んでおり、「今も行っている対策は2、3年後に患畜を出さないため」という発言からは、常日頃から自身の家畜飼養衛生管理と家畜防疫に関する強い意識が感じられました。
 最後に防疫対策は発生農家・非発生農家関わらず防疫の意識を持ち、広尾町として対策をしていくことが重要と発表がありました。
 つづいて川治聡子先生より、ヨーネ病に関してプロジェクターを使って説明されました。
 消毒は消石灰による菌の封じ込めが現状では効果は高いが、そのままでは十分ではなく、20%の水を混ぜることにより消毒効力が高く発揮されること、臨床症状が無いまま排菌する患畜による感染を防ぐための牛群分離、特に感染しやすい生後から6ヶ月までの仔牛の衛生管理を徹底すること、そして最後に防疫対策として、「持ち込まない」「感染牛の摘発淘汰」「広げない」という3項目の中で、「広げない」ことが最も重要であり、何よりも発生農場の組合員自身における衛生管理と防疫意識が重要との説明がされました。

| - | trackbacks(0) | 15:18 | category: 行事・イベント |
# 第28回 広尾町農村運動会

 7月27日、豊似小学校グラウンドで第28回広尾町農村運動会が開催されました。
 当日は曇り空ではありましたが、絶好の運動会日和となりました。
 開会式ではJA青年部理事 重泉有生さんの開会宣言、東豊似チームの角倉輝さん、朝日美里さんから選手宣誓の後、全員でラジオ体操を行い競技に入りました。
 個人戦と団体戦8種目が行われ、昨年まで行われていた縄跳びに代わる新競技ではバランスボールを2人で挟んでリレーする「息を合わせて」が初めて行われ、競技直前には突風が吹きボールが風で流されるなどのハプニングがありましたが、それぞれのペアで様々な運び方が披露され、観客の目を楽しませていました。
 団体戦3競技を終えた時点で優勝が常連の紋別チームと昨年同点で優勝した野塚チームが並び、職員チームと東豊似チームが僅差で追い上げる展開となりました。
 優勝のチャンスは残す2種目、綱引きとリレーの結果を残すのみとなり、綱引きでは紋別チームを倒そうと各チーム奮闘しますが力及ばず紋別チームが勝利しました。
 逆転の可能性を残し、2位につけていた野塚チームは最後のリレーで力を存分に発揮し見事1位でゴールしましたが、僅差で紋別チームが総合優勝を果たしました。
 閉会式では優勝の紋別チーム、2位・野塚チーム、3位・東豊似チーム、4位・新生チームそれぞれに団体賞としてメロンが贈呈されました。
 競技終了後には、焼き肉を囲んで懇親会が行われ、毎年恒例の和牛改良組合による牛の丸焼きが参加者に無料配布され長蛇の列ができました。
 余興では今ではあまり見かけなくなったスイカ割りが子供達の参加で行われ、初めての体験からかとまどいながらも振り下ろすバットは鋭いスイングで、スイカに当たった時には大きな拍手がわき起こっていました。
 焼き肉をほおばりながら談笑し、日頃の農作業の疲れを忘れ楽しい一日を過ごしました。

| - | trackbacks(0) | 15:07 | category: 行事・イベント |
# 広尾町和牛改良組合 第3回 定期総会

 4月20日、広尾町和牛改良組合定期総会が、だいじゅ園で開催されました。
 佐藤組合長の挨拶の後、議事に入り、平成30年度事業報告・収支決算報告の説明があり、平成31年度事業計画及び収支予算案について議案が提出されました。
 今回の事業計画の中で、家畜伝染病が多発していることを受け衛生対策費より石灰塗布機の購入を行う事が決まりました。
 また、11月には2022年に全国共進会が行われる鹿児島県への視察研修も計画され、全ての議案が承認されました。
 なお任期満了に伴う役員改選で前期に引き続き佐藤哲也氏が組合長に選出され、定期総会を終了しました。

| - | trackbacks(0) | 10:25 | category: 行事・イベント |
Categories
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links