JAひろお ブログ

JAひろおの公式ブログです
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 普及センター技術情報

農場の衛生管理を万全にしよう

 

 伝染性疾病発生予防だけでなく、子牛の下痢、乳房炎予防にも日頃からの適切な飼養衛生管理の実施が重要です。

 

1.衛生管理区域の衛生状態確保

 

(1)衛生管理区域とは?

 

 家畜に直接関連する区域で、病原体侵入防止のため重点的に衛生的な管理が必要な区域です。
 畜舎、飼料タンク、倉庫、生乳処理室、堆肥化施設等が含まれます。

 

(2)出入口の衛生徹底(石灰散布)

 

 農場出入口の消石灰散布は立ち入る車両の消毒に有効です。
 消石灰は空気中の水分を吸収し、徐々に効果が薄れていきますので、定期的に散布してください。
 また、タイヤ外周が白くなる程度(4〜5m)の幅の散布が必要です。

 

(3)通路等の泥濘化防止

 

 農場内が泥濘化していると石灰塗布タイヤ消毒も効果を発揮できません。
 ぬかるみを取り除いて砂利を敷くなどして、泥濘化防止に努めましょう。

 

 

 

(4)作業動線の分離または作業順序の徹底

 

 給餌とふん尿搬出の作業動線が重なると、牛が病原菌に触れるリスクが増えます。
 ふん尿搬出機械を給餌の作業動線に出入りさせない、重なってしまう場合はふん尿搬出直後に給餌車両を通行させず、農場内道路をこまめに清掃するなどの配慮が必要です。


(5)器具の清掃、消毒

 

 牛に接するミルカー、清拭タオル等の搾乳器具はもちろんのこと、ほ乳ビン、バケツ等は使用後すぐにミルカー洗浄と同様の手順で洗浄し、消毒しましょう。
 フマル酸等洗剤液への浸け置きも有効です。
 搾乳時の1頭1布と同様に、ほ乳器具も頭数分あると望ましいです。
 その他、作業に使うスコップ類、容器類、保定用具も定期的に洗浄、消毒してください。

 

(6)空ハッチ等の清掃、消毒

 

 ハッチは使用後にふん、敷料を十分に除去、洗浄しましょう。
 石灰乳塗布も望ましいです。
 使用床面は乾燥を心がけ、可能な限り、設置位置は移動させてください。
 育成舎等、畜舎の壁面に付着したふんは感染リスクのひとつです。
 定期的に汚れを剥いで落とし、消石灰等で消毒してください。

 

 

2.野生動物からの感染防止

 

(1)通り道、住みかを無くす

 

 畜舎周辺に不要物があると小動物の住みか、通り道となります。
 整理整頓を心がけましょう。

 

 

(2)窓、出入り口からの侵入防止

 

 防鳥ネット設置、忌避システムの利用などにより野鳥侵入を防ぎましょう。

 

(3)飼槽、水槽、ウォーターカップ等を清潔に保つ

 

 重要なのは野生動物のふん等が飼料、水に混入しないことです。
 飼槽、水槽をこまめに清掃して清潔に保ち、給餌の際は飼槽に野生動物のふん等汚れがないか確認してください。

 

3.立ち入り毎の長靴消毒

 

 畜舎に入る時毎に踏み込み消毒槽で長靴を消毒し、舎内への病原持ち込みを防正しましょう。

| - | trackbacks(0) | 17:39 | category: 農業 |
# 消防訓練

 10月15日、JAひろお本所事務所にて防火訓練が行われ、火災発生時における消火器による初期消火と、火災が拡大した場合を想定し屋内消火栓を使用した消火訓練を行いました。
 消火器取り扱い注意点の説明を受け、火元に向ける時は火元の手前から煙を払うように放水を行う事と、消火栓設備の放水では、ホースを全てケースから取り出してからバルブを開けるように注意を頂き、実際にポンプを稼働し、2名体制で放水を行いましたが、その水圧と水量に驚きを隠せない状況でした。
 火災の際には、まず自らの身を守ること、消防署への通報や周りの人へ火事を知らせること、初期消火が間に合わず、火元が大きい場合は迷わず避難すること、避難誘導を行うことなど一連の初動動作を確認しました。

| - | trackbacks(0) | 17:38 | category: 行事・イベント |
# 心温まるお見舞いに感謝!! きくちのまんま茶

 今回、役員視察研修の視察先として依頼をしていた菊池地域農業協同組合(JAきくち−代表理事組合長 三角 修氏 熊本県)より、9月6日に発生した胆振東部地震で当JAも生乳廃棄など大きな被害を受けた事に対して、お見舞いとして「きくちのまんま茶500mlペットボトル24本入り」20箱が届けられました。
 熊本地震の際に道内のJAから多くの義援金を頂いたお礼とのことであり、萬亀山組合長から三角組合長に心から感謝の意を伝え、今後、各種会議等で利用させていただくことと致しましたのでお知らせ致します。

| - | trackbacks(0) | 17:37 | category: お知らせ |
# JAひろお年金友の会 パークゴルフ大会&観楓会

 10月5日、年金友の会恒例の観楓会を兼ねたパークゴルフ大会が幕別町忠類のナウマン温泉アルコ236で行われました。
 今年は、ファミリーコースを使用して大会が行われ、爽やかな秋晴れのもと、自慢の腕を競い合い、今年は及川隆志さんが優勝いたしました。
 心地良い汗をかいた後は、ゆったり温泉につかってリフレッシュし、大会に参加されなかった方々も合流して観楓会を行い、温泉自慢の料理を味わいながら、豪華景品が当たるビンゴゲームで楽しみ、会員相互の親睦を深めました。
 年金友の会では、新会員を随時募集しておりますので、当組合で年金を受給されている方はもちろん、受給を予約された方もご入会いただけます。

| - | trackbacks(0) | 17:36 | category: 行事・イベント |
# JAひろお女性部 室内運動会

 8月23日、第30回JAひろお女性部室内運動会が広尾町農村環境改善センターで開催されました。
 山川女性部長の開会挨拶のあと、大庭参事、村瀬町長、普及センター宮部所長より激励の言葉をいただきました。
 前年度優勝の野塚チームよりトロフィーが返還され、藤井睦美さんによる選手宣誓の後、競技が始まりました。
 競技では、パン食い競争等全6種類の競技が行われました。
 新競技の「めざせストライク」では、色んな重さや大きさのボールを各チームくじで選びペットボトルを倒す競技ですが、ボールの種類によって力の加減が難しく1本も倒れなかったりする場面もあり、予想外の結果に終始笑いが絶えませんでした。
 恒例の綱引きでは各チームの大声援の中、力を思う存分発揮し大変な盛り上がりをみせました。
 「ラッキーガール」では、ラッキーガールとジャンケンをして最後に勝ち残った中紋別の朝日玲子さんが景品を手にしました。
 「酪農カルタ」では大きなカルタ取りをする競技で、外国人研修生も体験し大変盛り上がりました。
 最後の種目である「?ボックスリレー」では、中身のわからない様々な大きさの箱をバトン代わりに持って走る競技で、箱の中身があとで景品になるということで競技に勝つ事も大事ですが、景品も期待しながらどの大きさの箱をとるか、皆さんとても真剣に悩んでいました。
 リレーは得点が一番大きいので、各チームから大きな声援が飛び交うなど力のこもった応援を受け、見事に東豊似のチームが1位となり、最下位から大逆転の優勝となりました。
 最後に参加者で北海盆踊りを踊り、すべての日程を終了しました。
 今年度の成績は次のとおりです。

 

優勝  東豊似チーム
準優勝  新生チーム
3位  野塚チーム
4位  紋別チーム

| - | trackbacks(0) | 17:34 | category: 行事・イベント |
# デントコーン収穫作業終了

 9月25日よりデントコーンの収穫が本格的に始まり、10月15日に作業が終了しました。
 収穫作業については、台風の影響もなく順調に終わらせることができました。
 今年は日照不足の影響により、生収量は前年対比72.4%。
 品質の低下や粗飼料不足が懸念されますので飼料分析を行い適切な飼料給与に努めましょう。

| - | trackbacks(0) | 17:33 | category: 農業 |
# 新 農業人フェア

 10月13日、札幌市コンベンションセンターで新・農業人フェアが開催され、広尾町担い手育成センター及び農業振興課が中心となって広尾町のブースを設置し、新規就農希望者の勧誘を行いました。
 今回は(株)リクルートジョブズが主催となり、農業に興味がある方や将来新規就農を目指す社会人や学生など355人が来場し、各市町村のブースで熱心に説明を聞き入っていました。
 近年、道内各地域では後継者不在による離農が後を絶たない状況であり、将来に向けた担い手の確保が急務となっております。
 本町においても担い手確保が課題とされ、今後も広尾町担い手育成センターと連携しながら将来の担い手確保に向けて積極的に取り組んで参ります。
 新規就農等のご相談や情報については、広尾町担い手育成センターまでお気軽にお寄せください。

| - | trackbacks(0) | 17:32 | category: 行事・イベント |
# 豊作に期待

 10月5日から砂糖原料用てん菜の収穫が開始されました。
 本年の作付は214.4haとなり、総体的にあまり天候に恵まれない一年ではありましたが、生育は春先より順調に推移し、平均反収は昨年にひき続き5t以上が見込まれており、本年最後の農作物収穫に大きな期待がかかっております。

| - | trackbacks(0) | 17:31 | category: 農業 |
# 学童農園 収穫作業行われる

 9月18日、広尾町ふれあい農園内で、広尾小学校の1年生によるジャガイモ収穫体験が行われました。
 小学生の皆さんは慣れない作業の中ではありましたが、はじめての収穫作業に「いっぱいでてきた」や「こんな大きいやつとれたよ」などと楽しみながら、自分の服の泥汚れなど気にせずに一生懸命に作業をしていました。
 収穫したジャガイモはその場で塩ゆでしてバターをのせて食べました。
 収穫したてのジャガイモの味は格別であっというまにおかわりの列が出来ていました。
 帰りには袋一杯に詰まったジャガイモを持ちとても楽しい収穫作業になりました。

| - | trackbacks(0) | 17:30 | category: 農業 |
# 平成30年度 第2回 地区別学習会

 9月19日、広尾町農村環境改善センターで、平成28年から平成30年にかけて、町内50戸 乳牛960頭の体高と体重の計測を実施した「育成牛体測プロジェクト」について(株)清流酪農サービス代表取締役 海田佳宏氏による「育成牛初期の発育 傾向と対策」と題し開催され、町内の生産者、実習生ら12名が参加しました。
 学習会はスライドと資料を交えて行われ、生育ステージ別の体側結果からの飼養方法の問題点等について説明がありました。

 

・生後2ヶ月齢

 

 増体が劣る場合は、乾乳期間の母体管理が不十分で、子牛が虚弱の場合や、哺乳期間に問題がある事が示唆される。
 哺乳期間の問題とは、哺乳量や固形物摂取不足が主要因とする栄養問題、下痢等の疾病や寒冷環境対策不良が挙げられる。

 

・生後6ヶ月齢

 

 増体が劣る理由は、哺乳期間の失敗または哺乳期間が順調であっても離乳後の環境不良が考えられる。
 離乳後の飼養環境は激変する事例が多く、肺炎の発生や群飼養移行に際し、生育の個体差が生じやすい。
 この時期の子牛に対する技術対策も手薄になりやすい時期であり、潜在的な改善点が多いステージである。

 

・生後1歳齢

 

 発育目標は体高を優先し、体重が低い場合は栄養不足によるもので、哺育期間や若齢期の栄養不足に起因する。
 体重が多い場合も少なくなく、過肥傾向にある農場もあった。
 これは若齢期の栄養不足を補う為の代償成長を示し、結果的に行き過ぎた成長による過肥を誘発し、太り過ぎによる繁殖不良が懸念される。
 育成期に親のTMR残飼を過剰給与している場合にこの傾向が観察される。

 

・初産分娩前

 

 発育不良は難産と初産乳量の低下を誘発する。
 初産分娩時の発育不良は、種付け以降の栄養不足や施設不足からの密飼等による粗飼料摂取量不足によるところが大きい。
 また、初産分娩月齢を早める為に早期に人工授精を開始した場合、受精時の体格は適切であっても分娩時の体格が劣る事例も見られた。
 今回の体側結果から各ステージの望ましい成長目標を算出する事ができ、経産牛と初産牛の体格差が大きい場合は、初産分娩時の難産発生、繁殖不良、低乳量が懸念されるので、育成期から発育不良にならないように飼養していく事が大事であるとの事です。
 なお、今回の学習会の資料は農業支援課にありますので、内容に興味のある方は農業支援課までお問い合わせ下さい。

| - | trackbacks(0) | 17:22 | category: 行事・イベント |
Categories
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links